結婚式二次会で盛り上がる超簡単なゲーム5選

結婚式二次会で盛り上がる超簡単なゲーム4選

結婚式の二次会で行うゲームは、大掛かりなものよりも簡単なものの方が好ましいでしょう。
ビンゴは定番のゲームですが、ビンゴカードやビンゴマシンを用意しなくてはいけません。
必要なグッズがないものなら、幹事をする方も楽ですよね。
結婚式の二次会で盛り上がる超簡単なゲームをご紹介します。

 

血液型神経衰弱

  • 所要時間は約10分

まずはじめに何も書かれていないカードを配り、裏に自分の血液型を記入してもらいます。
司会から指名された人が、自分と同じ血液型だと思う異性(知り合いは不可)を一人指名し、「せーの」で裏返して同じなら当たりです。

 

これ何のランキング?

  • 所要時間は10分程度

事前に新郎新婦にいくつかのテーマに沿って、ゲストに5位までのランキングを付けておきます。
例えば、「新婦のタイプの男性ベスト5(新郎抜き)」「見た目優しそうな人ベスト5」など。
5位から順に該当者を発表し、その場に立ってもらいます。
順番にそれが何のランキングなのかを当てていきます。
正解者に景品をプレゼント。

 

モゴモゴ伝言ゲーム

  • 所要時間は約15分

5〜6人程度のチームを作ります。
各チームのアンカー以外は全員大きな氷やマシュマロなどを口に含みます。
全員が口に物を入れたら、幹事が伝言メッセージを先頭の人に見せ、次々に伝言していきます。
各チームのアンカーがメッセージを発表し、一番早く正確に伝えられたチームの勝ちとなります。
ゲームが終わったら伝言がどこで変化したのかをインタビューしてみると盛り上がります。
口に含むものは口いっぱいに頬張れるものなら何でもOKです。

 

誰が旦那さん?

  • 所要時間10分

新婦に目隠しをしてもらって数人が肩を揉み、どれが新郎か当てるゲームです。
まず、肩もみ役を新郎と他4人程度選びます。
新婦は目隠しをして椅子に座ります。
まず一回新郎に片を揉んでもらい、その感触を覚えておきます。
司会者の合図で新郎と他の人が順番に片を揉んでいきます。
新婦は新郎が何番目かを答えます。
間違えた時のペナルティを用意しておきましょう。
そのペナルティを受けるのが新郎だったりすると楽しいでしょう。

 

リーダーはだれだ!?

  • 所要時間は15分

5〜6名程度のチームを作ります。
新郎新婦が回答者となって中央に座り、一つのチームがその周りを囲みます。
新郎新婦が目を閉じ、司会者がリーダーになる人を指名します。
チームの人は、リーダーの人と同じアクションをしなくてはいけません。
新郎新婦は誰がリーダーかをあてます。
当てられるまでに一番回数がかかったチームが優勝です。