結婚式二次会の定番ゲーム面白アレンジ3選!<ビンゴ・じゃんけん>

結婚式二次会の定番ゲーム面白アレンジ3選!<ビンゴ・じゃんけん>

結婚式の二次会での定番ゲーム、ビンゴやじゃんけん。
誰でも知っていますよね。
ただ、それだけやる機会も多く、飽きてしまっている人も多いでしょう。
しかし、これだけ定番なのですから、ルールも分かりやすく便利であることは確かです。
そこで、マンネリを避けるために定番ゲームをアレンジして楽しみましょう。

 

名前でビンゴ

幹事の方はあらかじめ出席者の名前をカードにしておきます。
数字の書いていないビンゴカードを全員に配り、参加者は他の参加者に名前を聞いて、カードのマスに書き込んでいきます。
全てのマスが埋まったら参加者の名前を書いたカードを引いて通常のビンゴを同じように行います。
知らない人にも気軽に声がかけられ、名前も分かるので場が盛り上がります。
ただ、全員のビンゴカードへの記入が終わるまでは少し時間がかかるので、その間を持たせるは司会者の腕の見せ所になります。

 

適当ビンゴ

これもビンゴマシンを使わないビンゴです。
参加者全員にビンゴカードを配ったら、司会が新郎新婦に質問をします。
その答えが当選番号になります。
「新郎の誕生日は?」など数字で答える質問をたくさん用意しておきましょう。

 

「初めてキスをしたのは何回目のデート?」
「子供は何人欲しい?」

 

といった新郎新婦のなれそめや今後の生活に関したことなどを聞いていくと、ただの数字を引くだけのビンゴよりも盛り上がるでしょう。

 

後出しじゃんけん

司会者の指示に従ってじゃんけんを行うゲームです。
例えば、司会者が「私に負けてください」という指示を出し、じゃんけんポンと言います。
そこで司会者が例えばパーを出したとします。
もう一度司会者がテンポよくポンと言い、その合図で参加者は負けるためにグーを出します。
間違えたり、テンポに乗れなかったりした人は脱落です。

 

最後まで間違えずに残った人が優勝です。
じゃんけんポン、ポンとテンポよく出していきます。

 

このテンポに変化を付けたりすると盛り上がります!